Sponsored Link
  


割高時給にも早朝勤務でバイト不人気開港迫る神戸空港商戦“視界不良”割高時給にもバイト不人気神戸空港… 



Sponsored Link
  


割高時給にも早朝勤務でバイト不人気開港迫る神戸空港商戦“視界不良”

割高時給にもバイト不人気神戸空港商戦“視界不良”開港が迫る神戸空港で、開店準備を進める旅客ターミナルビルの各店舗が、アルバイト従業員不足に頭を痛めている。
午前6時15分開店という早朝勤務が原因のようで、各店舗は共同で面接会を開催したが、採用予定の2割以下の応募にとどまっている。
神戸空港ターミナルによると、テナントは27店舗で、200~250人が働く予定。
ターミナル側は、航空会社が早朝に手厚いダイヤを組んだのに合わせ、各店舗に午前6時15分から開店するよう要請した。
従業員は、三宮駅を午前5時40分に発車するポートライナーの始発に乗らなくては間に合わず、「早朝から土産を買うビジネス客は少ないだろう」と嘆く店舗も。
先月14日、7店が共同で就職面接会を開いたが、採用予定117人に対し応募は19人。
神戸公共職業安定所の担当者は「早朝すぎて三宮までの足がなく、住まいが近隣に限られる。
三宮には求人(我々は翼が欲しいという欲望を持っている。にもかかわらず結局は空を飛ぶことはできない。要するに、我々は幸せなのだ。さもなければ、空気はやがて吸うに堪えなくなるに違いない)も多く、わざわざ空港で働かなくてもというのでは」と話す。
まだ予定の半数しか確保していないという店舗の担当者は、「求人雑誌に三度広告を載せ、時給も上乗せしているのだが…。
人手が足りない分は、近隣店舗で応援体制を取るしかない」と話している。
神戸新聞http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/00047916sg200603071400.shtml

人間性にたいする信頼を失ってはならない。人間性とは大海である。仮に大海の一滴が汚れていたとしても、大海そのものが汚くなるわけではない



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です