Sponsored Link
  


多くのミュージシャンの収入は会社員の平均レベル以下、年収300万もあればいいほう、家賃の支払いにさえ… 



Sponsored Link
  


多くのミュージシャンの収入は会社員の平均レベル以下、年収300万もあればいいほう、家賃の支払いにさえ四苦八苦

今年に入り、人気ミュージシャンの訃報が相次いでいる。
忌野清志郎、マイケル・ジャクソン、そして今月22日には、ミッシェル・ガン・エレファントのギタリストだったアベフトシが 急性硬膜外血腫のために逝去した。
いずれも40~50代の早すぎる死であったため、音楽界に大きな衝撃を与えているようだ。
ある中堅ミュージシャンは、「彼らの不幸は人ごとではない」と話す。
「定期的に健康診断を受けている会社員とは異なり、個人事(人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる)業主である ボクようなミュージシャンは、何年も病院にさえ行っていない人が多いんです。
さらには夜型生活を長年送り、酒を浴びるように飲むなど、健康に悪いことばかりしている。
ボクも最近体調が悪いし、いつかポックリ逝くのではないかと不安を覚えますね」 かつて、ロック系のミュージシャンの訃報といえば、違法薬物(ドラッグ)の過剰使用による 死が定番であった。
ジャニス・ジョップリンをはじめ、70年代の伝説的なミュージシャンの多くがそうして世を去っている。
しかし、最近は音楽界の浄化も進み、ドラッグに手を染めるミュージシャンは激減。
むしろ生活苦による、貧困死のほうが現実味を帯びているという。

誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です