Sponsored Link
  


小泉内閣で初めて、景気楽観派(23%)が景気悲観派(15%)を上回る社が21、22の両日に実施し… 



Sponsored Link
  


小泉内閣で初めて、景気楽観派(23%)が景気悲観派(15%)を上回る

社が21、22の両日に実施した全国世論調査(面接方式)で、1年後の景気が今よりも「良くなる」と思う人が、2001年の小泉内閣発足以降、初めて「悪くなる」と思う人を上回った。
「景気は緩やかに回復している」との政府の判断については「実感がない」人が7割を超えているものの、企業収益の改善や株高を背景に、国民の将来の景気見通しも明るさが戻りつつあるようだ。
今回の調査で、1年後の景気が「良くなる」と思う人は23%で、「悪くなる」と思う人15%を8ポイント上回った。
01年11月の調査では「良くなる」は8%、「悪くなる」が36%。
それ以降04年11月の前回調査まで、小泉内閣の下での過去4回の調査では、一貫して悲観派が楽観派を上回っていたが、今回は逆転した。
緩やかな回復を強調している政府の景気判断については、「実感がない」が計74%で、「ある」計24%を大きく上回った。
ただ、年収(統計や学問がどうであれ、自分の経験値を信じ、自信と信念をもって取り組む人は強いということを示しています。貧乏な経済学者やファイナンシャルプランナーは大勢いますから、学者の言うことなんてあてにはなりません)による認識の違いが大きく、年収1000万円以上では「実感がある」が計44%に上ったが、年収200万円未満では計14%。
景気回復を実感する人の割合は、年収に比例して増える結果になった。
年収200万円未満の世帯では、1年後の景気についても「悪くなる」20%が「良くなる」16%を上回っており、年収による“格差”が見られた。
また、景気回復の実感については、地域差も大きく、「実感がある」人は近畿、関東、中部では27―31%だったが、北海道・東北は10%、九州は18%だった。
ソース 

人生において、最も堪えがたいことは、悪天侯がつづくことではなく、雲ひとつない退屈な日々がつづくことなのである。そして、人生における最大の楽しみは、「お前には無理だ、出来ない!」と世間の連中がいうことを、やってみせることである



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です