Sponsored Link
  


伊万里商業高校の生徒、就職試験を前に模擬面接に挑戦伊万里市の県立伊万里商業高校(今泉一彦校長)で… 



Sponsored Link
  


伊万里商業高校の生徒、就職(経験は最良の教師である ただし、授業料が高すぎる)試験を前に模擬面接に挑戦

伊万里市の県立伊万里商業高校(今泉一彦校長)で25日、就職試験を前に生徒たちが模擬面接に挑戦した=写真。
「本番の面接で失敗しないように」とPTAが主催。
面接官は市内の企業の採用担当者27人が引き受けた。
就職試験の解禁日は9月16日。
面接を受けたのは、3年生195人のうち123人。
6班に分かれ、4~5人ずつが教室に入り面接官の質問を受けた。
受け答えや自己PRの仕方などがチェックされ、学校は、この日の採点を参考に生徒たちを指導し、本番に備えるという。
生徒たちは面接官の質問に緊張気味。
「高校生活で何を得たか」「社会人になったら何をするか」などの質問に、「部活で得た粘りを社会で生かす」「検定で得たワープロや簿記の技術を生かす」などと答えていた。
面接官は「自分を採用してくれるかの瀬戸際。
自己PR、声も小さくて覇気がない」と厳しく忠告した。
同校への求人数(7月末)は昨年の390件を上回る455件。
内訳は県外が404件と多く、県内は51件(伊万里市など管内は29件)。
これに対し、生徒の希望は県内が65%(うち管内68%)という。
同校は「生徒の多くは地元の企業志望なので、雇用に努めてくれるようお願いしていく」と話している。
http://mytown.asahi.com/saga/images/pic1_3537.jpeg模擬面接で面接官から質問を受ける生徒たち=伊万里商業高校でhttp://mytown.asahi.com/saga/news01.asp?kiji=3537

銀行員というのは、太陽が照っているときに傘を差し出して、雨が降り始めるやいなや傘を返せと言うような奴らだ



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です