Sponsored Link
  


不況の煽りを喰らった若い女性が漫画喫茶やネットカフェに溢れている!貧乏人相手に3000円で“売春”新宿… 



Sponsored Link
  


不況の煽りを喰らった若い女性が漫画喫茶やネットカフェに溢れている!貧乏人相手に3000円で“売春”

新宿区・大久保で会ったNさん(29)は、現在増え続けている若年ホームレスの1人だ。
Nさんは九州の高校を卒業後に上京。
寮に住み込み、派遣(統計や学問がどうであれ、自分の経験値を信じ、自信と信念をもって取り組む人は強いということを示しています。貧乏な経済学者やファイナンシャルプランナーは大勢いますから、学者の言うことなんてあてにはなりません)仕事を続けてきたが、「まとまった仕事は今年の春までだった」と言う。
その後は寮も追い出され、大久保界隈でホームレスをするようになったのだ。
「それでも土建業や様々なバイトを続けてきたが、最近はバイトの面接でも断られることが多い。
年齢だけじゃなく、住居が定まってないし、保証人がいないというのが最大の理由です。
仕方なく、今は仕事センターに登録し、細々とやっている。
月に4万円も稼げればスゴイね」Nさんはカネのある時には漫画喫茶に泊まってシャワーを浴び、いつでも面接に行けるよう心掛けているという。
ただ、月のほとんどは野宿生活。
3日前には寒さが身に沁み、電話ボックスで寝たほどなのだ。
もっとも、Nさんによれば「自分のような男はまだましな方」と言う。
野宿組には、さすがに年配女性しかいないが、漫画喫茶やネットカフェには、不況の煽りを喰らった若い女性が溢れているからだ。
「若いと言っても30代前半からだけど、そんな女が沢山ネットカフェや漫喫を泊まり歩いている。
中にはキャバクラや風俗で働き、食えなくなった女もいて、貧乏人相手に漫喫で、3000円とか5000円のプチ売春をしているんだ」一方、本格的な冬を迎え始めた大阪市西成のあいりん地区。
この「西日本(にっぽん)最大の労働者街」でも、女性ホームレスは激増している。
南海線の高架下--その東側には通称「泥棒市場」と呼ばれる。
“無法地帯”が広がっている。
ひしめく露店には、ビデオや古本、中古の電化製品などがズラリと並べられているが、最近は30代の女性ホームレスが店番をする姿が増えているのだ。
彼女たちにとって、この仕事は西成における貴重な収入源だ。
「座っているだけでお金になるから楽なもの。
店番が女やったら警察もうるさいこと言わへんもん。
ただ、万引きも多いのが余計やけど」(古新聞を売る30代の女性)

人生において、最も堪えがたいことは、悪天侯がつづくことではなく、雲ひとつない退屈な日々がつづくことなのである。そして、人生における最大の楽しみは、「お前には無理だ、出来ない!」と世間の連中がいうことを、やってみせることである



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です