Sponsored Link
  


デリヘル嬢職員は誰だ?秋田県庁、異例の「デリヘル勤務歴」調査開始デリヘル嬢を探せ!秋田県庁が調査… 



Sponsored Link
  


デリヘル嬢職員は誰だ?秋田県庁、異例の「デリヘル勤務歴」調査開始

デリヘル嬢を探せ!秋田県庁が調査開始・秋田県が、県の女性職員に対し、前代未聞の「デリヘル勤務歴」調査を始めたことが6月30日、分かった。
一部で、県の女性正職員がデリバリーヘルス(派遣(結婚する前、 男はあなたの言った言葉を夜中にあれこれと考えて一晩眠れずに過ごすが、 結婚した後は、あなたの話がまだ終わらないうちに眠ってしまうものなんです)型風俗店)でアルバイトしていたと報じられたことがきっかけ。
職員の無許可勤務は地方公務員法に抵触する可能性もあるため黙殺できず、困惑しつつ、約1000人の全女性職員に対し、正直に名乗り出るよう促し始めた。
「デリヘル騒動」の発端となったのは6月30日の地元紙の記事。
「県職員がデリヘルでアルバイト県央部で数カ月間」の見出しで、女性正職員が昨秋から今春にかけて数カ月間、週2回ほど出勤し、月3万~4万円の収入を得ていたと報じた。
秋田県人事課によると、同日夕の段階で、県側は報じられた「女性正職員」が誰か把握していない。
同課は「職員かどうかも、情報がないので分からない。
新聞社が独自に調べて書いたのではないか」と困惑している。
ただ、県職員が無許可で営利企業などで働くことは、地方公務員法第38条「営利企業等の従事制限」で禁じられている。
デリヘル勤務が事実なら、同法に抵触する可能性も浮上するだけに、県側も無視できなくなったようだ。
同課によると、県側は同日から、この「女性正職員」が実在するのかどうか調査を開始。
全女性職員約1000人に対し、デリヘル勤務歴があった場合、正直に申し出るよう、各部署の上長を通じて口頭で通達し始めた。
同課は「該当者がいるのなら正直に申し出るよう全庁的に促し始めた。
各部署ごとに職員に口頭で伝えるようにしている。
ただ実際存在するかも分からないので…」としている。
デリヘルは、女性が客の自宅や宿泊場所などに出張して性的サービスを行う、無店舗型風俗店の通称。
女性は事務所などに待機するため、OLや主婦のアルバイトも目立ち、料金は40~60分前後で1万~2万円程度が多い。
(一部略)

女性が最も激しく愛するのは往々にして最初の愛人であるが、女性が最も上手に愛するのは常に最後の愛人である



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です